アンチエイジングの一環として

30代も半ばになるとだんだんお肌にハリがなくなってきます。
それだけでなく、今までの不摂生が一気に噴出したかのように、毛穴、シミ、たるみなどが目立つようになってきました。
それで最近奮起して、なんとかこの老化を食い止めようとがんばってる次第です。
検索してみたところ、30代女子はだんだんと女性ホルモンのアンバランスや減少が出てくるとのこと。
その影響が肌にも現れるのですね。それで、お肌のお手入れ、つまりからだの側だけをきれいにしようとするのではなく、体の内部から整えていく必要があるのでは、と気づきました。

 

そこで私が今努力しているアンチエイジングの一つが、女性ホルモンによいとされる食べ物を積極的に取り入れることです。
まずは大豆ですね。
なんでも大豆が入っている食べ物、豆腐、高野豆腐、納豆、豆乳、味噌汁など、何かの形で毎日メニューの中に大豆を取り入れることにしました。

 

そして次は魚。
それまで主人の好みに合わせていたこともあり、肉が中心の生活だったのですね。
ところが、魚のDHAなどある成分が女性ホルモンに有効に働くということを学び、魚もメニューの中に意識的に取り入れるようにしました。

 

以上のように努力し始めてまだ数ヶ月ですが、お肌は確実に以前より柔らかくきれいになり、体重も増えて体力がついてきた気がします。
やはり、体に毎日取り入れるものが、結果的にお肌に現れるのですね。

食事で女性ホルモンを整えるーアンチエイジングを始めよう関連ページ

40歳のお肌のアンチエイジング
紫外線対策でアンチエイジング